スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠別町へ

2012年07月03日 00:27

先週羽幌町で甘エビ祭りなんてイベントもあり

夏日の気候になり美味しい甘エビ食べたいってんで羽幌へ

美味しい海鮮料理をリーズナブルなお値段で食べれる{北のにしん屋さんは定休日(火)」
は初めから知ってたんで道の駅傍の山田水産へ

が~何故かこの日は休漁日ってこんな日もあるんですね甘エビなんて売ってません!

ならば

c-1161.jpg

30分ほど稚内方面に北上

遠別町道の駅とんがり館

以前もUPしてますがここで売ってるタコの頭(800円)昨年までは700円
しかも大きいし旨い!安い(年末なんか遠別漁協に宅配してもらいます)

c-1162.jpg

オロロンライン道の駅ここなんでも安いし旨い

「たことんび」なんか大きいの沢山入って300円とかカラフトマス3本で500円とか
早めに行けば季節によりますがその日揚がったマガレイ一箱1000円とか(中15匹位)

今回は中型の宗八が6匹で500円だった(売り切れて最後)

c-1163.jpg


温泉なんか行きませんが姪っ子がピース(笑

海が大好きなんです~未だいい年こいて独り身ですがナントも・・なりません


しかも沢山海の幸買い込んでカミさん・・・買っちゃった・・アスパラここまで来て?

値段聞いてばーちゃんも買ってくるし(笑


c-1164.jpg


やっぱりこの辺で温泉は

c-1165.jpg


旭温泉でしょー

オロロンラインで「天塩の夕映え」とここだけは塩素臭はほとんど感じないし

c-1166.jpg

個性ある赤い湯と

c-1167.jpg

PH9のツルツル感ある黒い湯は独特のいい湯なんです(循環してても)
チョット光の加減で分かりすらいですが黒いんです


c-1168.jpg

この日の女湯は内湯に黒い湯があったりします(過去画像)

c-1169.jpg
スポンサーサイト

豊富温泉

2011年04月06日 23:33

”おやじ”ブログお付き合いの方はご存じでしょう

先月25日に発症した足の病名は 蜂窩織炎(ほうかしきえん)でした

抗生剤の点滴.投薬でかなり落ち着いてきました
が昨日現在まだ入浴はNG状態、にも関わらず自己責任ツウ事で出かけちゃいました

c-697.jpg

こよなく温泉を愛する人には少しは理解して頂けるかと
湯船に浸かったのはもう一カ月以上前いろいろ出来事もありまして

それとこの身に起きたアクシデント温泉に行きた~い
でもこの状態お医者さんも入浴はダメ!思いついたのはココだったらの動物的感
当然周りは猛反対・・・でも行ってきまーす!

c-698.jpg

が辿り着いた「豊富温泉ふれあいセンター」はメンテナンスでお休み~が~ん


ならば向かえの「川島旅館」へ日帰り入浴いいですかって・・(400円です)

c-699.jpg

c-700.jpg

内湯だけのこじんまりした浴槽ですがいい感じですね
豊富温泉独特の油臭ですが「ふれあいセンター」の湯治湯の様な力強い臭いは感じません

c-701.jpg

正直足の患部の状態を考えると恐る恐るの湯浴みです
湯に浸かっているとやはり少しのピリピリ感もありますが温泉に浸かれる嬉しさの方が

再び汚い足でスミマセンが昨日出発前の状態
まだ少し赤みかかって少し腫れてます皮膚が破れ膿も少し出てます

c-703.jpg

湯上がり後
以前火傷のときもそうでしたが表皮の一部分が剝がれてますこの時点で痛みはありませんでした
昨晩から今日にかけ痛みは全く感じられない状態で今は皮膚全体がふさがってかゆみさえ感じます

c-704.jpg


ただしこれは個人的な結果であり誰しもが当てはまる事とは思えませんし
病院での治療と経過の中での温泉効果があったものかと・・いずれにしても温泉に行ける足に回復!

湯上がり後頂いた「特濃プリン」各段に旨かった!

c-705.jpg






稚内副港市場と港のゆ

2010年08月10日 21:51

遅ればせながら先週の事
利尻富士を拝みにが第一の目的温泉は豊富温泉ふれあいセンターに決めていたのですが
又もや約二名の反対にあい(あの名湯を臭くてだめ~)で皆さんもご存じのように
近くに温泉なんかあるはずもない、そこで稚内までは行く予定ではなかったのですが
新しく副港市場ができその中に「港のゆ」なるものも

c-268.jpg

港側からの写真
なんか106号線から市内に初めて入ったので分かりずらかったし稚内の街も変わってました
市場のなかは観光客相手の価格かと思ってましたが意外と良い品が安価で売られてます

c-269.jpg

八角なんて北海道だけの魚かな?
開いてなかったら買う気しないけど食べると油タップリ旨いね

c-270.jpg

左のホッケは見た事ないほど巨大です(お上の方の国からかな)

c-271.jpg

この建物の2階が「港のゆ」入り口から下ォ眺めると

c-272.jpg

やたら広い内風呂
が露天風呂からは港が一望できる絶景!(利尻、礼文島行きのフェリーも見えたり)

c-273.jpg

湯は・・心地よい塩素臭マァそれはね~
でも良い源泉かと海辺のわりにそれ程ショッパくないです
浜頓別の足湯に似たかなりツルツルの湯でした分析表はなかったですがPH8.2か3位あると
湯巡り3名の女湯はかなり高得点の評価でしたが

c-274.jpg

この蒸し暑さなんとかならんのかね~数カ月振りに本日温泉と名が付くところにはお休みDA-

天塩川温泉(音威子府)

2009年09月19日 23:00

UPがかなり遅くなりましたが
8月25日に訪れました、日付け入り画像で分かりやすいしょ、

旭川から稚内に向かうR40誰もが目にするトーテムポールの天塩川温泉の案内柱(咲来)

tkawa1.jpg

音威子府村のオアシス、蕎麦の知名度も全国区

何十年も気にはしてましたがスルーしてた温泉で・・しかも天塩川温泉駅も存在です

tkawa2.jpg

tkawa3.jpg

正直音威子府の蕎麦を以前から食べてみたいと思ってましたがこちらの温泉にも在る事を知り
初の音威子府蕎麦を湯浴みの前に頂きました
温泉施設の周りに一面も蕎麦畑の景色です

tkawa4.jpg

”おやじ”が今まで食べた蕎麦の中で一番黒い色です、この色は音威子府蕎麦の特徴との事ですが
時期が悪いのか?でした私的意見ですが蕎麦ツユにももう少し出汁が欲しいと感じるのは・・

天塩川温泉は大正の初めに発見された歴史ある温泉です

循環ろ過ですが館内に説明文が有りますがこちらは少々違う方法の様です(塩素分は少ない)
ほとんど塩素臭を感じないスベスベ感のいい湯です

tkawa5.jpg

露天風呂から眺める天塩川も心地良いですよ

tkawa6.jpg


オホーツク温泉 日の出岬

2009年08月25日 20:24

青い海を眺めながら温泉でノンビリと思う事はありませんか?
しかも旭川から近くとなるとチョット限られますネ

掛け流しに拘らないなら・・ホテル日の出岬(雄武町)

hunod1.jpg

ここは客室、温泉、レストラン、どこからでも素敵なオーシャンビューが堪能できます
岬から撮ると良く分かると思います、右の端は浴場、本館の一階部分にレストラン
その上が客室、眺め良いですよ~日の出が見れれば更になのですが、

ついでに昨日の不安定なお空に15分程のささやかな夕景

hinod9.jpg


夜のお食事
”おやじ”はホタテ三昧のコースを予約、写真の倍以上の料理が出てきます
飽きると云うより、食べきれません(笑)真ん中の酢味噌和え旨かったな^^

hinod6.jpg

内湯

hinod4.jpg

露天風呂
勿論どちらからもオーシャンビューお湯は海水と同じくらいショッパイですが
湯上がりした後もなかなか汗は引いてくれません

hinod5.jpg

お部屋は和洋室
”おやじ”は和の方で隔離(いつもの事・・いびき)

hinod7.jpg

客室から日の出岬

hinod8.jpg


一番の目的だった日の出、本日は4時41分
はりきって4時40分に起き窓から外を眺めると・・霧雨!予報では晴れだったはず(悲しい~)
お日様を拝めなかったのでヤケクソ”かもめ”「早起きは一文の得にも成りません」

hinod2.jpg

で昨日フロントで」日の出はどちらの方から上がるのですか」と尋ねると
「夕陽がこちらでしたから、日の出はこちらになります」と反対方向に手振りで・・
分かりやすい説明でしたが後で考えると天才バカボンのパパみたいな会話で(爆)






最近の記事

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。