スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話のカメラ

2009年03月31日 21:39

最近、携帯電話を変えた、
しかもカメラは500万画素で防水機能もあり

ラビスタ大雪山で試し撮り

F1000060.jpg

2,3メートルの距離はマアマアです

F1000040.jpg

ホワイトバランスが行けませんね
白っ飛びも気に成ります、遠くの景色は全くあきません

F1000045.jpg

F1000042.jpg

ワイドな画面は面白いですが所詮携帯の一機能
安いデジカメの方が余程増しかと
美味しい物を撮る分には良いかもネ

F1000039.jpg

で今日「ラビスタ大雪山」に着いたのがPM3時45分位でしたが
フロントで日帰り入浴は12時~4時までですが、が今回は特別
皆さんも気お付けて下さい、



スポンサーサイト

八雲温泉 おぼこ荘

2009年03月21日 23:42

道南湯巡り ラストは おぼこ荘

donan38.jpg

全館2年ほど前にリニアルされた様でとても綺麗なロビー
左奥はレストラン、日帰り入浴は11時から、おやじ達が付いたのは20分前

おかげでスタッフの方とゆっくり話も出来たりして「えび」が旨いそうです

donan44.jpg

内風呂
まだ湯守様が清掃中でした、気持ち良い一番風呂

donan39.jpg

内風呂から露天風呂への通路がいいですね~

donan40.jpg

で、これが露天風呂
野趣満点ですね宿泊で星でも眺めていたい感じです

donan41.jpg

こちらは女性用露天風呂

覗き見で撮ったら犯罪ですが身内ですので、人物が入るとスケール感が分かります

が、背中の「プチシルマ」は頂けません(笑)

donan42.jpg

いつもは”おやじ”が最後に湯上がりですが
お二人はここの湯がお気に入りの様で20分も待たされたり

で季節限定の「えび御膳の定食」1200円を昼食に
こんな山の中でと思いますが日本海の熊石港まで車で15分新鮮でばか旨でした

donan43.jpg

この「ボタンえび」まだ活きています、出汁の利いた鍋のしゃぶしゃぶか刺身で

donan46.jpg

お客様限定のお土産様の熊石港から昼頃に生きたまま着く海老

手前から3パックの見慣れないエビは熊石港から築地市場直送の「おにエビ」
上右2パックは「しまえび」普通「しまえび」と言ったら北海シマエビの様な横縞ですが
このエビは阪神タイガースです、お土産で買い占めましたが2日で完食でした、うんまい!

donan45.jpg

誠にいい湯と沢山の美味しいものに新しい感動の道南湯巡りとグルメツアーでした

ひとつ悔いが残るのは銀婚湯のすぐ近くのパシフィック清龍園を訪問出来なかったな~又です。

上の湯温泉 銀婚湯

2009年03月20日 23:17

道南湯巡りツアー宿泊の温泉宿は
八雲、上の湯温泉、銀婚湯でした

昨年の紅葉シーズン行く予定でしたが満室で断念した一度は泊まりたい温泉宿

donan31.jpg

ロビー

デザイナーの設計か分かりませんが完璧な空間です

donan30.jpg

浴場と客室に向かう途中のエントランス
窓の庭園にはイチイの木(水松)の親子の木がナントも良い感じです

donan29.jpg

こちらは男性専用の内風呂です(日帰り入浴の場合)
いまさら泉質がどうのこうの有りません、いい湯です
露天風呂は暗すぎて失敗でした

donan37.jpg

で翌朝になると男女入れ替わり

donan36.jpg

露天風呂

後ろに赤い塔が見えますが野天風呂へのつり橋です
銀婚湯の広大な敷地には4つの野天風呂が有りますが冬期間入れるのは2湯だけのようです

donan35.jpg

吊り橋ですが「今まで落ちた人はいません」との事ですが結構揺れます
間違っても酒に酔って行かない様に!
歩いて10分程の「トチニの湯」
落部川のせせらぎを聞きながら心は”無”の世界です

donan25.jpg

今日の夜、函館から見えたお客さんと銀婚湯の話をしていると
伊達市から来た方が、おやじ達話を聞いていたようで、銀婚湯良いですよね~なんて話で
皆さん満足される温泉宿でした

ライトアップされた銀婚湯、両サイドが男女の浴場

donan26.jpg


濁川温泉郷 新栄館

2009年03月19日 22:00

明治時代からの歴史ある湯治場

donan15.jpg

湯量の豊富な濁川温泉郷しかも異なる源泉を持つ7件の温泉宿の中で
”おやじ”が選んだ一軒、想像どうりでした

donan16.jpg

昔ながらの湯治場そのままです
カランもシャワーもありませんがこの風情いいな~

donan17.jpg

こちらの源泉の槽からの湯で体を洗うようです

donan18.jpg

昭和10年の温泉分析表です

donan19.jpg

その下にあるスポンサーからの鏡は同じ時代のものかな?
”おやじ”も写るので結構苦労したり、

donan21.jpg

タイムスリップした新栄館いつまでも残って欲しい温泉宿でした。

donan22.jpg








濁川温泉郷 天湯

2009年03月18日 22:11

道南湯巡りツアー一軒目

donan10.jpg

実は「新栄館」が目的でしたが、せめてもう一軒と思い、ダーツの旅みたいですが
現地取材で地元の方にどこの湯が「良いですかねー」と約一名の方にお聞きすると

「なんせ温まるんだわ~」の一言で決定です」

donan14.jpg

内風呂は小さめのが2つ露天風呂も在りましたが残念ながらお湯は入ってませんでした
かなり鉄分が多い様で硫黄臭も独特です

donan11.jpg

温泉雑誌もネットの情報もいいですが地元民にお聞きするのも有りかな
確かに長湯はしてませんがポカポカで汗が止まりません

donan12.jpg

で、この様な貼り紙です

donan13.jpg

濁川温泉郷お湯は農家のビニールハウスで有効活用されています
農家の自家源泉もあるほど湯量は豊富ですし圧巻なのは蒸気発電もあったりします
写真撮るの忘れましたが太いパイプラインと蒸気は凄い!

ということで次は新栄館です。

北のランプ亭 Ⅱ

2009年03月17日 20:58

3月16日 お店は臨時休業

道南方面へ湯巡りツアー旭川を朝9時半頃スタート苫小牧あたりでお腹がすいた~
どこで食べようか、なんて考える事も無く皆さん昨年立ち寄り美味しかった北のランプ亭でしょ~

なんて話が弾んでいるときにアレレ・・白老インター通り越してしまった仕方なく登別東で下車
R36白老方面えお戻りです

donan1.jpg

昨年もUPしてますが肝心の美味しい画像が有りませんので

海鮮の炭焼きがメインの様ですがお昼にはランチメニューがこれが安くて旨い!

おやじが頼んだ刺身定食1500円、ボリュウム満点、新鮮で旨い!
ホタテ未だ生きていますしかもホタテの肝やたら大きく甘い!うに、ホッキ、大きいサーモン
インター通り過ぎても戻る価値充分あり
真ん中の漬物の様なものは「長いもの梅ずけ」珍味で旨いです

donan4.jpg

本日のおすすめランチ なんと、ウニ丼しかも1200円馬鹿お得で新鮮
天ぷらは、ここのオリジナルの「なまら塩」でこれが旨い!

donan3.jpg

先回も食べたイカのホイル焼き、柔らかい身とイカのゴロが最高
お値段は忘れましたが高くない

donan2.jpg

店内から太平洋

donan8.jpg

その他のメニュー表を見ていると

donan6.jpg


一番下に望洋露天風呂春から無料で、ウウう~何処にあるの
すぐ後ろの横にありました、入られるのでしたら「30分位でお湯が溜まります」
との事でしたがこれから湯巡りですので縁遼しました

donan9.jpg

美味しい食事をして太平洋眺める露天風呂に浸かりたい方はお勧めです
尚、望洋露天風呂は今の時期は事前確認したほうがよさそうです

道南方面の湯巡りツアーは随時UPして行きます、お楽しみに。

夕焼けこ焼け

2009年03月05日 22:30

本日の川端ウエスタン後ろの石狩川から

近文のゴミ焼却炉方面の夕焼け

yuhi1.jpg

旭川も小春日和の一日でした

一月程前の事ですが何時もの夜の営業で5時前に着いた時
向かえの血液センターの窓ガラスが鮮やかな赤紫の夕焼けが反射・・今まで見た事無い色採
でもカメラは温泉専用のみ・残念!

本日も期待したのですが・・

一月前の色 店の前から
バカチョン、カメラで、この色は二度とお目に掛かれないかも

yuhi2.jpg






最近の記事

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。