スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリバリ夕張

2010年08月31日 23:17

ばりばり.ゆうばり!なんてCMに流れてたのは何年前だったか

夕張つて道民は目的がないとまず行かないし通り道でも無い
”おやじ”30年以上振りの訪問第一の目的地

c-318.jpg

初めてご覧になる方に
大きい建物はホテルマウントレースイこの後ろは有名なスキー場
手前は夕張駅でその右側が目的地

c-319.jpg

夕張市も再建に向け新しい試みと支援団体の活動が

実は昨年から「バリー屋台」が・・昨今テレビ等で話題に
偶然ですが「札幌温泉人」さん繋がりの「ユキヒロ」さんから旭川でも8年程前ですが
「まんだら横町」なる屋台村で共にした人物を紹介頂きまして

懐かしいやら夕張の現状も見てみたいし

c-320.jpg

右奥から2件目が奥さん経営の「カレーとチーズの店」って名前?聞くの忘れた!
ユキヒロさんお勧めのスープカリーチキンと地元野菜タップリ量多めお腹パンパン

c-321.jpg

はい!ハシバさんご夫婦
奥さんは以前と全くお変わりなくお色気プンプンが~お父さんどうしたの~毛が無い!
旭川時代ご存じの方は誰か分からないかも・・ちなみにお父さんは左手前の・・お店

c-322.jpg

でハシバさんご夫婦の案内で夕張観光

c-324.jpg

c-325.jpg

ここの施設に北野監督の絵画が
武さんも夕張復興に一役買ってますここは必見ですね武アート色彩チョット驚きでした
館内は撮影禁止

c-326.jpg

なぜか所さんも

c-327.jpg

「北の零年」のロケ現場

c-328.jpg

なんせ夕張は映画の街でもあったり

c-329.jpg

で”おやじ”感動の映画のロケ現場は次のココロだ

スポンサーサイト

芽登温泉

2010年08月27日 22:56

8月24日鶴居TAITOからの帰り道立ち寄り

c-310.jpg

やはりここは混浴の露天風呂でしょう
体を洗い直行~オオット若い娘が恥ずかしそうに笑顔で絵に成りますね^^
3セクのハコモノ温泉より秘湯の湯を楽しんでる姿を見るとなぜか嬉しくなります

c-311.jpg

2008年には無かった注ぎ口のオブジェ
3本程熱交換されて温度調節されてたホースの一つ(湯温を下げる温めの源泉)

c-312.jpg

芽登温泉には2008年1月にカミサンとバーちゃんが7泊8日の湯治でお世話に
湯上がり後バーちゃん達は御主人.女将さんと懐かしむように話が盛り上がったりで
咲いた話に水をさすのもなんなんで”おやじ”は一人でここから5キロ程林道を走ると

巨岩の滝

c-313.jpg

朝迄の雨で水量も多し水しぶきと川霧で絵に成りません
が~

c-314.jpg

温泉から2キロ程の所に「糖南ダム」貯水池というか人造湖と言うのか
いい感じなのです水が綺麗!芽登温泉のご主人に聞くと「紅葉は赤色が多く最高ですよ」
水面に映る山々の紅葉想像してみて下さい10月中旬は間違いなくここだヮ

c-315.jpg

鹿さん達なんかウジャウジャいるし

c-316.jpg

最後
糠平ダムからR273ここも紅葉スポット
近くで挙動不審な旭ナンバーのロードスターとスライドしたがAZさん?

c-317.jpg

野中温泉別館

2010年08月26日 23:17

鶴居TAITOに向かう途中立ち寄り

今回はカミサン一番なんで・・ルートを考え”おやじ”も三国峠経由足寄~阿寒~鶴居村
となると雌阿寒温泉のここ

c-300.jpg

その前に足寄町の「丸三真鍋の三笠蕎麦」を頂く予定でしたが月曜定休
ここら辺りでランチ頂かないと・・辺りを一回りしてると「豚丼」ランチのメニュー看板

c-309.jpg

お寿司屋さんですが昼間もランチタイムのみ営業でした
3人で豚丼.とんかつ定食.カツとじ丼と頂きましたが3品すべて美味しかったです
足寄町でお食事でもの方に「海平」さんお勧め!

と野中温泉別館の脱衣所からウゥ~ン久し振り
別に”おやじ”が戸を開けて撮ってる訳でなく開いてました

c-301.jpg

以前来た時は真冬館内に入ると強烈な独自の硫黄臭でしたが
暑い夏は喚起してるのでしょう館内は程々の香り

が内湯は

c-302.jpg

川湯とは又違う独特の硫黄臭まずはここで荒治療の湯を一浴び~

c-303.jpg

湯治場風情の内湯は客室より重厚な造りで”おやじ”お気に入りだったり
露天風呂の戸も開放されてました

c-304.jpg

しかも嬉しいのは画像で解ると思いますが貸切!
露天風呂

c-305.jpg

2つ上の「景福」の露天は濁り湯ですが(あれは又違う意味で好きですが)
”おやじ”的にはこちらのほうが新鮮で好きだったりします

c-306.jpg

ここから一つ上が「YH」露天風呂は在りません、その上左の赤い屋根が「景福」全部いい湯ですね~

c-307.jpg

オンネトーも天気悪ければだだの水たまり



c-308.jpg

帰り道はバーちゃんお気に入りの湯に立ち寄りだ。

鶴居村温泉 美人の湯

2010年08月24日 20:17

休み無しのお盆の代休で23.24日はお店を休ませて頂き
連日の猛暑(店の中)でカミサンもかなり疲れが溜まった様です

そんな訳でカミサンの大好きな「鶴居ノーザンビレッジHOTELTAITO」優しい”おやじ”ですね~

c-291.jpg

とは言いながら”おやじ”もお気に入りの湯だったりタンチョウも見たかったりね
23日の夕方5時前には着いたのですが釧路管内に入ると雨(予報と違うね)
夕景のタンチョウは諦めノンビリと湯浴みと決め込み

c-293.jpg

これこれ泡付きの琥珀色のモール泉
ぬるぬると肌にまとわり付く浴感がタマリマセンね「カミサンもいつもより超ご機嫌!」

以前来た時タンチョウの写真無かったと
このホテルのオーナー和田氏は写真家でもあり目の覚めるようなタンチョウのパネルが館内に

c-294.jpg

”おやじ”もハリキッテ今日5時に起き窓を見ると・・・激しい雨
そうです本日は全道局地的に大雨~表になんか出れる状態で無い釧路管内
朝の露天風呂なんか無理!

ホテルと露天風呂の写真は2008年の画像です

c-295.jpg

一人用の五右衛門風呂は男湯のみ

c-296.jpg

鶴居村観光は断念しホテルの部屋から飛ばないタンチョウ(*_*;

c-298.jpg

行きも帰りも雨になったのは釧路管内だけ阿寒から降ってないし

でお土産に「美人の湯」の成分で作られた入浴剤買って来ました
ご希望の方はお店に置いてますのでご縁領なくお申し出下さい(先着12名様2個づっ)
源泉にかなり近い雰囲気を楽しめます

c-299.jpg

残り2つの湯は次のココロだ







稜雲閣

2010年08月17日 23:08

定休日でしたがマダ盆の内昼3時まで営業
十勝岳温泉バーデンの湯にでもとカミサンと一緒に(なんせ暑さでバテぎみ)

とりあえず景色でも稜雲閣に5時半頃に到着お日様の状態を見てるとナンカ焼けそう
下に行ったり登ってきたりの時間も余り無いしとりあえず稜雲閣の湯でも

c-283.jpg

小さい浴槽には久し振りに酸性の強い27.8度の湯が入ってましたね
驚いたのは露天風呂から一眼で撮ってる人が・・気持ちは分かりますが
今日の眺めはこんな感じで山頂を拝めないと余り絵になりません

c-284.jpg

な~んて思いながら湯浴みしてると山並みが赤く・・・キタ―

c-285.jpg

正面でなく”おやじ”の車の色は何色か分からんしョ~
後ろのウィンドウに映る夕日を見てほしいナンチャッテね

c-286.jpg

稜雲閣からの夕日は見るたびに色を変えてくれるのが嬉しい

c-287.jpg

しかも久し振り焼けたようです最近ツイテルな

c-288.jpg

上富良野の夜景まで撮ったり上の黒い雲が無ければイイ感じだったが・・・

c-290.jpg


来週はお休みでも頂いてタンチョウ見に行こうかな、

早朝の4時から

2010年08月11日 22:42

最近年のせいか朝4~5時頃目が覚める(朝まで熟睡する体力もない)

寝ぼけマナコで窓の外を見ると夜明け前なのに近所の家の屋根とか壁が綺麗なオレンジ色
に染まってるではないか!何も考える事なく愛機を持ち出しとりあえず上の方だ~

c-275.jpg

夕日じゃないんだよね朝日は反対方向
しかもこの時間帯撮るの初めてマダ寝ぼけてるし何処がいいウゥ~ンとりあえず
忠和の運動公園の河川敷でも

c-276.jpg

旭岳も見えてたり

c-277.jpg

しかも気が付けば寝てたままのステテコ姿・・・(誰ですか想像して笑ってるの!)
2010年の最新ステテコはオシャレで涼しいのです腹巻きなんかしてませんし

c-278.jpg

早朝でなければ見れない川霧も幻想的ですね
こっちは朝霧の嵐山

c-280.jpg

こんな綺麗な夜明けの色初めて見ました
早起きは大変お得では

c-282.jpg

2度寝して起きたら雨がザーザー降ってるし





稚内副港市場と港のゆ

2010年08月10日 21:51

遅ればせながら先週の事
利尻富士を拝みにが第一の目的温泉は豊富温泉ふれあいセンターに決めていたのですが
又もや約二名の反対にあい(あの名湯を臭くてだめ~)で皆さんもご存じのように
近くに温泉なんかあるはずもない、そこで稚内までは行く予定ではなかったのですが
新しく副港市場ができその中に「港のゆ」なるものも

c-268.jpg

港側からの写真
なんか106号線から市内に初めて入ったので分かりずらかったし稚内の街も変わってました
市場のなかは観光客相手の価格かと思ってましたが意外と良い品が安価で売られてます

c-269.jpg

八角なんて北海道だけの魚かな?
開いてなかったら買う気しないけど食べると油タップリ旨いね

c-270.jpg

左のホッケは見た事ないほど巨大です(お上の方の国からかな)

c-271.jpg

この建物の2階が「港のゆ」入り口から下ォ眺めると

c-272.jpg

やたら広い内風呂
が露天風呂からは港が一望できる絶景!(利尻、礼文島行きのフェリーも見えたり)

c-273.jpg

湯は・・心地よい塩素臭マァそれはね~
でも良い源泉かと海辺のわりにそれ程ショッパくないです
浜頓別の足湯に似たかなりツルツルの湯でした分析表はなかったですがPH8.2か3位あると
湯巡り3名の女湯はかなり高得点の評価でしたが

c-274.jpg

この蒸し暑さなんとかならんのかね~数カ月振りに本日温泉と名が付くところにはお休みDA-

旭川夏祭り真っ盛り

2010年08月06日 22:23

しゅるしゅる~

c-258.jpg

ド~ン

c-259.jpg

ド~~ン

c-260.jpg

昨日の道新花火大会

ぜしかチャンと花火デート?二人で旭西橋に三脚構え
レリーズ片手に「あ~早過ぎ!遅すぎ~煙邪魔~シャッター切れない」なんて言いながら
楽しいひと時でした

c-261.jpg

早すぎると・・5分咲き

c-266.jpg

”おやじ”も花火は昨年に続き2回目中々タイミングが難しいですが面白いですね

c-267.jpg

c-262.jpg

c-263.jpg

c-264.jpg

旭西橋からのスローシャッターですが細部の画像はボケボケ橋は微動してるようですヮ

c-265.jpg

帰り道はカミサンと「旦那ダヨ」さんと一緒に「大昌園」でホルモンで乾杯!暑かった!今日も!

8月8日追記

プロのカメラマン「空犬」さんの写真
勿論プラカードを下げベストポジションからですが迫力満点”おやじ”の画像は”へ”みたいなもん

IMG_0157.jpg

IMG_0177.jpg

IMG_0191.jpg

IMG_0217.jpg

利尻富士

2010年08月04日 23:51

月曜日(3日)仙台から5人の若者達がお店に
4日に稚内迄の観光が目的の様で利尻富士を見てみたいとの事

その二週間程前名古屋からお店に来て頂いたナイスミドルのご夫婦は初めて稚内へ
「利尻富士は見えましたか?」とお聞きするとデジカメにバッチリ撮ってました

”おやじ”北海道にいながら未だ一度も写真以外見た事無い!
4日の天気予報は快晴!朝の稚内ライブ画像も少し青空が見えてます、それでは走れ~

c-248.jpg

とりあえず遠別町の道の駅でタコの頭4つ購入(なんせ旨いから)
が快晴の予報でしたが・・ズ~つと曇り空

北緯45度のモニュメントの辺りでも利尻富士はボンヤリ

このシーズンはライダーの皆さん快走です

c-249.jpg

天塩町からの道道106号線「宗谷サンセットロード」稚内迄は初のドライブ

c-250.jpg

北上するにつれて利尻富士も少しは輪郭をみせてくれました

c-251.jpg

天気予報が当たっていればもう少しましな写真をお見せ出来たのですが

c-252.jpg

ここから抜海辺りまでが利尻富士が一番近くに見ええます

c-253.jpg

c-254.jpg

106号稚内市内に入る前の「夕日が丘」から

c-255.jpg

c-256.jpg

なんと表現したらいいものか
ほんとに素晴らしい景色でした晴天に訪れる事が出来る方はラッキーエンジェルですね

最後は期待してた夕景ですが・・「港の湯」で時間オーバー(トホホ)


c-257.jpg


快晴のハズだった予報だが

2010年08月03日 23:30

ず~っと曇り空

お疲れモードの一枚ここ何処だ

c-247.jpg




最近の記事

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。