スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激辛ピッキーヌ企画が2年振りに登場

2011年01月31日 23:49

2009年2月に企画終了しましたが

2004年から2月一月間限定の企画で過去5回開催のイベントでしたが

IMG_3012.jpg

無くなったの~
楽しみにしてたのに~とか昨年なんか噂を聞きつけ東京から飛行機でブ~ンなんて方も
タマタマ自家栽培のが冷凍庫に有ったので・・半分も食べないで(東京にはこんなに辛いのは!)
って帰っていきましたが

一応今年はタイ原産の唐辛子ですすが三笠市のハウスで栽培したものです
が・・・タイ原産の種ですが辛すぎて売り物に成らない物が冷凍庫に保存されてます

一応100杯程の限定に成ります
ピッキーヌの量は150グラム前後が目安ですがこれ以上入れても辛さには大して変わり無いと
が意地悪な”おやじ”は人物でサジ加減も少し鈍る時もシバシバ

無理をすると、とんでも無い神経障害が起きますので要注!
過去にラーメン屋に救急車がきたのは八海だけと思われます(尚美瑛店にはこの企画有りません)


スポンサーサイト

ラビスタ大雪山

2011年01月25日 21:58

2008年の夏から日帰り入浴がなくなりましたが
いつからかは分かりませんが日帰り入浴が復活したようです早速いってみました

c-599.jpg

一人檜風呂
ここからの原生林の眺めはいいんですヮ

c-600.jpg

c-601.jpg

露天の岩風呂もいいですが
”おやじ”はここの寝湯が頭寒足熱最高!

c-602.jpg

こちらをご覧になり行かれる方
以前とシステムがかなり変更になってます入浴タイムはPM2時~受付終了の時間は特に無し
との事ですが常識の範囲で
タオル等持参の方は1000円で手ぶらで入浴のかたは1500円です
浴場入り口の湯上がり後のアイス食べ放題のサービスは健在でした(これって地味に嬉しい)

c-603.jpg

ホテルの入り口向かえには「氷結バー」なんてのも
幻想的な氷の中で一杯観光での方にはたまらないかも

c-604.jpg

ホテルのスタッフもほとんど女性の方々に入れ替わって
丁寧な対応は非常に気持ちいいです

夢風泉 (滝の湯温泉)

2011年01月24日 22:25

川湯温泉の帰り道に立寄り

何度か訪れてますがいつも浴場には人でチャントした写真が撮れなくて
強酸性の川湯の湯に浸かった後の体を中性に?

c-593.jpg

ロビー

c-594.jpg

2年程前は「滝の湯センター」でした
ここのアルカリ泉はホントぬるぬるでお気に入りの一つです
旭川からは一番近いのも魅力の一湯だったり

c-595.jpg

c-596.jpg

左側には浅めの浴槽も寝湯には丁度いい感じ

c-598.jpg

PH9.64は今は無き「鹿の子荘」とさほど変わり無いツルツル感
湯巡り大御所のばーちゃんもかなりお気に入りのようで「今度湯治で来たいと」
”おやじ”いつでも送り迎えしますよって

屈斜路湖周辺に期待してた方も
一応・・和琴半島に・・・今一の天気でサッパリ絵に成りません

IMG_7251.jpg

IMG_7280.jpg

IMG_7289.jpg

IMG_9995.jpg

きたふくろう(川湯温泉)

2011年01月21日 23:33

いい湯に浸かりノンビリとお泊り
基本的には温泉ってそれが一番かと・・が昨今の日本の経済状況から極一部の方以外
中々機会に恵まれないのが現状”おやじ”だけ?

久し振りに

c-501.jpg

一応”おやじ”の意見も少々取り入れて頂き昔の田中角栄様より強力な権限を持つ
女子会3名の審査も通り「きたふくろう」に”ごろん”となりました

c-494.jpg

強酸性と硫黄臭は全国区の名湯
効く~つて感じの久々の湯浴みとなりました

c-495.jpg

次の朝までいつでも浸かれるのがお泊りではの
露天風呂からは林のライトアップも心地いい演出だったり


c-496.jpg

湯上がり後には
美味しい料理を頂きながら先ずはビール次は日本酒を頂き(ちなみにお一人様8000円のコース)

c-497.jpg

オヤスミ前にもうひと風呂浴び

ぐっすりお寝んねタイム
目が覚めると又ノンビリ朝風呂に浸かり普段食べない朝食を腹いっぱい食べ?
極楽ごくらくの川湯の湯でした気分爽快!

c-498.jpg

ちなみに川湯の歴史ですがライトの反射で一部見ずらいとこも・・ズームして適当に解釈して下さい

c-499.jpg




屈斜路湖荘(仁伏温泉)

2011年01月20日 22:38

4時過ぎに川湯のホテルにチェックイン時間もタップリ
女子会3名は川湯の湯でマッタリ気分”おやじ”は一人で脱走!

川湯~砂湯の中間でひと際目立つ看板

c-486.jpg

仁伏温泉って存在は知っていてもなぜかスル―してしまうんだな~
ごめんなさいの気持ちもあり

c-485.jpg

館内に入ると結構賑やかなポップが分かり易く

c-487.jpg

昭和のいつ頃かのあんま機が浴場の入り口に
使用料10円ってタダでも同じような気もしますが・・・10円て昭和何年頃の値段なの?
なんか自然に笑みがこぼれます((^^♪

c-488.jpg

で浴場には
ぽんぽんの湯・・・たぬきでもなんて更になにげない笑みが

c-490.jpg

ちょっと楽しませてくれて嬉しくなりますね
でもいい湯でしたヮ川湯から数キロしか離れてませんが全く違う湯でした
ほのかに硫黄臭も感じますが肌には柔らかく決して熱湯ではないのですが額から汗が流れてきます
心地良い湯にすっかり長湯してしまいました

ほど良い大きさの露天風呂もあります

c-491.jpg

仁伏温泉また一つお気に入りが増えました

c-592.jpg

いい湯に浸かりのんびりしたい!

2011年01月18日 20:59

温泉に泊まりノンビリなんて昨年はたった一回!
よ~し今年ヮって女子会3名を引き連れて(宿選びが難しい^^;)

17日お店は臨時休業10時ジャスト旭川鷹栖インターを出発
予定どうり13時30分網走のセントラルホテルに到着ここでランチ
行くたびにランチの新しいメニューもあり美味しいんだヮ

c-476.jpg

それぞれお好みのメニューを食べ行きますか~
流氷はまだ数キロ先の様で肉眼では見えません

c-477.jpg

飛んでいる鳥を見つけると追いかけるんは”おやじ”の悪い癖

c-478.jpg

実は道中R238常呂を走っている時左側に”おやじ”の車と並行して上空に飛んでいる
15羽程の編隊で飛ぶ鳥が!初めは白鳥かと見てましたがやたら速いスピード
少し速度超過の”おやじ”の車を追い越し横切り飛んで行った鳥は?
白鳥より首が長く尾ッポが黒い・・・こんな所の「常呂」でタンチョウ?謎でした

さて温泉です”おやじ”一発目はここと決めてました

女子会3名は”あんた一人で入っておいで”の冷たいお言葉

c-479.jpg

ハイでは行ってきます!
ハリキッテ玄関に「本日休業」車に戻るとイヤミ笑を浮かべる3バー

気を取り直し気に成っていた温泉
大空町に赴任してた保健所のIさんから昨年の10月に頂いた情報でしたが

温泉ファンの方並びにブログお付き合いの方々のお気に入りの天空の露天風呂
もことやま山荘」は残念ながら昨年から休業していました
雪に埋もれた山荘はホントに淋しかったですがきっと再開して頂けると信じています

c-480.jpg


峠の頂上の木々は樹氷

c-481.jpg

道中のサロマ湖.能取湖.網走湖は氷結して真っ白
ワカサギ.チカ.キュウリ魚の穴釣りが真っ盛りでしたが
温泉熱がある湖

c-482.jpg


目的の温泉街を通過して先住民にご挨拶

ウエルカムって言ってた様な?

c-483.jpg

名湯で”ごろん”してきました・・・感謝!

c-484.jpg

ドライブインあかし(歌志内)

2011年01月11日 21:30

HOに二回ぐらい登場してたお店
”おやじ”の店にも似た名前のラーメンが・・・(最近仕込んでませんが)

c-470.jpg

c-471.jpg

「おばちゃんラーメン」懐かしいというよりなんか初めての味
昔の旭川ラーメンって感じは余りしません(魚出汁はほとんど感じません)
むしろほのかに野菜の風味が感じるとてもあっさりしたラーメンで美味しかったです(500円)

c-472.jpg

c-474.jpg


ラーメンも食べてみたかったのですが
3年程前から歌志内の街には今でも”なんこ鍋.汁”なるものが存在している事を知り
これもHOに以前紹介されてましたが「チロルの湯」に辿りつく頃はいつもレストランが
中休みの時間帯ばかりで・・・がこちらには「なんこ定食」一度は食べてみたかった!(800円)

c-473.jpg

炭鉱が盛んだった頃歌志内.赤平の炭鉱マンの住む長屋では毎晩のように
「なんこ鍋」(馬の内臓)で酒盛りだったそうです

なんせ当時我が家のばーちゃんは赤平の炭鉱に住んでいたのでした
とても懐かしい!って食べてました、これまた初めての食感とお味でしたね
テイクアウトも一人前400円で今一杯やりながらつまみに食べてますヮ(笑)
場所ー旭川からチロルの湯に向かう途中の左側(すごいアバウト)

一応ここまで来たら・・ここしかない・・もう一つあるけど・・

c-475.jpg

初春 2011年

2011年01月01日 21:09

皆さん
あけましておめでとうございます

お正月それぞれお楽しみのひと時をお過ごしの事と思います
”おやじ”も毎年同じパターンで飲んだくれってとこだったり
でも元旦といえど厨房には2時間ほど仕込みで入ってるんですヮ

2時間程昼寝して起きると誰も家にはいません
少し薄日も・・・鬼の居ぬ間に一人でカメラと温泉セットを車に積み・・脱走

IMG_7032.jpg

いい絵なんて撮れる天気では無いですが
穏やかに2011年の幕開け「美瑛の丘」も静かに年の初めの一日が閉じようと

IMG_7046.jpg

とりあえずシャッター切っていれば・・

IMG_7067.jpg

なんか気持ちが穏やかになったりします
今年もこんな感じでお休みの日はあちらこちらと駆け巡りたいと思ってます

IMG_7082.jpg

お~っと温泉はモットも大事な儀式
    ”おやじ”元旦しか入れない白金温泉は(火曜定休)

IMG_2702.jpg

って感じで今年も始まりました皆さん又お付き合い宜しくです


最近の記事

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。