スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴居ノーザンビレッジホテルTAIT0

2008年04月08日 22:53

7日午後2時旭川出発、三国峠、足寄、阿寒経由、ルート240を阿寒カントリー方向に
左折かなり入り込んだ道を走り午後6時鶴居村に到着(早過ぎかな)
本日の湯宿は鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO」です。
北欧風のいい感じの建物です。tru1.jpg


   内風呂

tri2.jpg


感激の真に美しい琥珀色のモール泉です。
噂どうり湯船に浸かっていると体中にオイルでも塗ったかの様にヌルヌルです
足の裏はいつもガサガサなのにツルツルしてます、女性組は顔面浴までしてました
翌朝肌にハリもありシットリしてると喜んでいました、さすが「美人の湯」です。

tri3.jpg


   露天風呂の五右衛門風呂
こちらは男性用にだけあります、
tri4.jpg

tri5.jpg


4人共100点満点の湯宿でした、10月にゴルフを兼ねて再訪に決定です。

tri6.jpg


と云うことでコメンティターの「てらちゃん」
600メーターしか離れていませんでした。
実に惜しかったです。
で次の問題です、帰り道もう一軒温泉に入ってきました、そこは何処でしょう?
ヒント・まだ体から硫黄臭がプンプンです。(バレバレかな?)





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://asahikawahakkai.blog104.fc2.com/tb.php/70-38085e2b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    湯桶とイスを元の場所に片付けましょう

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。